俺を大事にする生活②「歩く」

ちょっと煮詰まってるな〜、と感じたら外へ歩きに行きます。歩きながら腕を回してみたり背筋を伸ばしてみたり、自分が気持ちいいと感じる姿勢でひたすら歩く。たいていの場合段々と頭が冴えてくる。そろそろ帰りたいなと思ったところで帰る。

 

帰路につくタイミングは日によってまちまちで、2000歩程度でもういいや何かスッキリしたし、となることもあれば、8000歩以上歩いてやっと気が済む日もある。

 

某マンガの「俺は俺のために俺を大事にするぞ!」というセリフに触発されて、前回から生活について書いてます。

ztp.hateblo.jp

生活について書く上で「歩くこと」は欠かせない。以下は前回も書いた文章だけど、「習慣的に歩いている人はこの文を読むまでもないしすでに回れ右していると思うので、そうではない人と昔の自分に向けて書く。何か理由があって歩くことができない場合は別として、単に歩いていないだけならまずは記録をつけてみるだけでもいいと思う。」

 

ウォーキングアプリ 

◆アプリ①「Coke ON ウォーク」

今はスマホのアプリで簡単に歩数が測れる。最近「Coke ON ウォーク」を試してみた。

 

自分で設定した1週間の目標歩数をクリアするとスタンプがもらえる。15個スタンプを集めるとコカコーラの自販機で飲み物をもらえる。このアプリの良いところはスタンプを獲得することが歩くモチベーションになる、ということ。(タダで飲み物をもらえるってのもあるんだけど。)続けてスタンプを押されると段々連続記録を破るのが惜しくなってくるので習慣化しやすい。

 

ちなみに僕は今のところ5000歩/日(35000歩/週)という一番ぬるい目標設定にしてます。大体週の後半の木曜あたりに歩数を確認するんだけど、歩数が足りないと「ちょっと週末にかけて盛り返すか」という気になってくる。

 

◆アプリ②「ドラゴンクエストウォーク」

ゲーム要素のあるウォーキングアプリも多い。例えば最近だとドラゴンクエストウォーク。自分の生活圏がスマホの画面越しにドラクエの世界風になり、お店や公園などのランドマークを目的地(町やダンジョン)に設定して歩くという具合だ。

 

ぷらっと近所を散歩して画面を眺めるだけでも楽しい。イベントを進めるのに時間を食うのでウォーキングメインの使用には向かないけど、歩き出すきっかけとして一役買ってくれる。ポケモンGOもそうだけど、「スマホゲー」というだけで軽く遠ざけていたのはもったいないなと思った。

 

以下、アプリのスクショをまとめて貼ります。

 

f:id:zoutemp:20191005203848j:plain
f:id:zoutemp:20191005203853j:plain
f:id:zoutemp:20191005203911j:plain

 

一番右はドラクエウォークで近所の公園を歩いた時のもの。水場など自然の近くは雰囲気出ます。と、これ以上語れるほどはプレイできていないので一旦ここら辺で。どちらもウォーキングのきっかけとしてとても良いです。さあ作業したな〜、頭使ったな〜、と感じたところで今日もまた歩きます。

 

同性愛・ゲイ(ノンアダルト)ランキング